2年前、モロッコ在住のアブラフ・モハメド氏はアジラル山で交通事故を起こし、
彼の妻はカサブランカ病院に搬送されたものの、医者に「深刻な」怪我により死亡したと宣告された。

モハメド氏は、深い悲しみの中、妻の遺体を埋葬し葬儀を済ませた。

しかし、2016年の今になって、死んだはずの妻がテレビ番組に出演していたという。

一体モハメド氏の奥さんに何が起きたのか?

本当にあったミステリーを紹介しよう。

死んだはずの妻がテレビ出演?!

「交通事故で死亡したと医師に告げられ、遺体も埋葬したので、妻が生きていると考えたこともなかった」
とモハメド氏は語る。

モハメド氏の妻が出演していたのは、「アルムスタファー」という番組で、
何年も連絡がつかない親しい人を探すという「尋ね人」番組だ。

番組中、モハメド氏の妻は「夫と連絡が取れない」と語り、モハメド氏の名前と以前住んでいた場所の住所を公開したという。

モハメド氏の友人が偶然、このテレビ番組を見ており、驚愕した友人は急いでモハメド氏に連絡したそうだ。


スポンサードリンク


3つの謎

ここで3つの謎が沸きあがる。

1.あの時埋葬した遺体は妻のものではなかったことになり、一体誰と間違えたのか?

2.何故2年経過した今、現れ、その間連絡が無かったのか?

3.その間、彼女はどこにいたのか?

一つの可能性として、交通事故で記憶を失い、誰かに助けられたが、病院には搬送されず、
事故が起きたアジラル山付近の小さな町に住んでいたという説があげられる。

また、彼女が搬送されたカサブランカ病院にも不審な点がある。

医師たちは、治療に先駆け、まず現金を請求してきたため、モハメド氏は自宅にお金を取りに帰り、4時間後に病院に戻ったところ、
すぐさま妻の死亡が告げられ、その後、遺体埋葬用の布にくるまれて棺に収められた「妻の死体」を受け取った。

果たして、彼女は本当に病院に搬送されたのか?

棺の中の遺体は彼女でなければ一体誰なのか?

空白の2年間の真実はいかなるものか?

モハメド氏はスペインの新聞の取材に対し、
「埋葬した遺体は誰だったか分かないが、妻はまだ生きています」と語った。

しかし、現在のところ、モハメド氏と奥さんが無事に再会できたかどうかも含め、続報はまだない…。


スポンサーリンク