癌にかかって亡くなる人は、全世界に、たくさんいます。

貧乏だろうと資産家だろうと、
癌になるときは、なってしまいます。

癌は、人間の死の原因で、常に上位を占めている病気です。

防ぐ手立てはないのかというと、そうではありません。
早期発見早期治療で、治すことができる場合があります。

普段の日常生活を、健康的に過ごすことが、
予防にもなることが期待できます。

ここでは、癌に関係する事柄について、紹介していきます。

癌は人間の身体の、あらゆる場所にできる可能性があります。
その種類は、膨大になります。


全世界で、癌でなくなる人は、一日に換算すると、
2万人にもなります。
癌は、人類の死亡原因の、10%以上を占めています。

癌で亡くなる人の、7割ほどは、所得でいえば、
中間から最貧困までの人々である。

 


女性の場合、
1位乳がん 2位肺がん 3位胃がん
4位大腸がん 5位子宮頸がん
の順で亡くなっている。

先進国以外の国では、
子宮頸がんが、ガンによる死因のなかでは1位となる。

男性の場合、
1位肺がん 2位胃がん 3位肝臓がん
4位大腸がん 5位食道がん
の順で亡くなっている。

 


肺がんは、喫煙習慣が大きな原因となっている。
禁煙して、その期間が長くなるほど、肺がんにかかる確率は減少していく。

 

癌になる原因のなかで、慢性感染症というのがある。

全世界のなかで、慢性感染症が原因の癌は、20%ほどになる。
慢性感染症が原因の癌には、子宮頸がんや肝臓がんなどがある。


スポンサードリンク


子宮頸がん、大腸がん、乳がんによって亡くなっている人は多い。

しかし、これらの癌は、検査によって早期に発見でき、
ちゃんとした治療を行えば、治る可能性の高い癌である。

癌による痛みは辛いものであるが、
この分野の痛みをとる医療の知識と、
適切なケアを行えば、ほぼ痛みをとることができる。

 


タバコを吸わないで、質のよい食生活を送り、
アルコール類を飲み過ぎないで、適度に運動の習慣を持つという暮らしをすることが、
約30%ほどの癌の予防となる。

 


皮膚がんの予防方法の一つは、
ただ日光に長時間当たらないようにするだけである。
屋内であっても、日焼けしないように気を付けたほうがよい。

 

年齢が上がるほど、癌にかかる可能性は高くなる。

70%以上の人が、55歳以上になると、
その年齢になるまでに、癌と一回は診断されている。

癌と診断されたら、それで死を覚悟しなければならないことはない。
癌の診断後、治った人は、世界に多くいる。

 

ハダカデバネズミには癌の成長を抑制する身体のしくみがある。

ハダカデバネズミに、わざと癌にさせようと、
腫瘍(発がん性あり)を移植しても癌になることがない。

なぜかというと、ハダカデバネズミが産生する、
高密度のヒアルロン酸が、癌に対する耐性を
ハダカデバネズミに、持たせているためである。

遺伝的要因による癌は、癌の原因の1割ほどを占める。

 

前立腺癌になっているかどうかは、
尿のニオイからでも、訓練を受けた犬なら、ほぼ判定できる。

乳がんは、左の乳房のほうに、できやすい傾向が見られる。

皮膚がんも身体の左側にできやすい傾向がある。

 

エジプト文明が栄えた時代の癌に関する記録が、もっとも古いと見られている。

パピルスに、癌の治療のための手術を行ったという記録がある。

腫瘍を取ったようだが、癌を治すためには、あまり効果的でなかったようだ。

 

マルチビタミンを摂っていると、癌や心臓病になる危険性が高くなるという指摘がある。

男性が前立腺がんで、ビタミンEの摂取が
この癌にかかる危険性を高めているという研究結果がある。

こうしたビタミンの摂取によって、
癌や心臓病にかかる危険性を高めている可能性が考えられるという研究が、いくつかある。

身長が高いほど、癌にかかるリスクが高まる。

10万人以上の女性について、
調べた結果、こうした傾向があることが判明した。

男性の場合も、こういう傾向があるという調査結果がある。

 

糖尿病は癌にかかる危険性を高める。

15%ぐらい癌にかかりやすくなるという調査結果がある。

発症しやすくなる癌は、肝臓がんや、胃がんなどである。


スポンサーリンク