おじろく・おばさ

mig
日本は国土の7割が山であり、
山林によって隔離された村には
独自の文化や風習が見られる。

昔の長野県榊原村では耕地面積
が少なく、将来の家長となる長男
以外の子供を養う余裕はない。

家に残った子供を男は「おじろく」
女は「おばさ」と呼ばれ家主の妻子
よりも地位は下で、甥や姪からも
下男として扱われる。

村祭りに参加することも、他の村人と
交際することもなく、他家に嫁ぐか
婿養子に出ない限りは結婚も
禁じられ、奴隷の様にひたすら労働を
強いられる。

そんな状況から彼らは無感情の
ロボットのような人格となり、
いつも無表情であいさつも出来ない。

もちろん現在では存在しないが、
恐ろしいのは明治5年で190人、
昭和40年代でも3人の「おじろく・
おばさ」が存在していたと言う事だ。


スポンサードリンク


葬式
少量だが葬式の時に故人の
指の一部を親戚で食す。
習慣だからと言う理由で
遺体損壊にはならないらしい。

 

数珠
とある田舎では葬式の時
大部屋で親戚一同が
円になって巨大な数珠を
廻す。

 

奇妙な風習
15歳以下の少女が死ぬと
同じ地区の若者が死姦する

 

忌まわしき風習

mig (2)
ある島の話。
その島は田舎だからか事件や犯罪は
殆ど起きないが何年かに1度お巡りさん
が赴任してくる。

平和な島な事もあり、島民の多くが
無免許でバイクや車を運転し、
ヘルメットもかぶる事は無いという。

それを取り締まるとなると島の生活が
回らなくなる。

島民たちは歓迎会と称し、お巡りさんを
呼んで宴会をおこない、酒を飲んだ
お巡りさんを海に突き落とし、竹の棒で突いた。

お巡りさんに助けを乞わせてから助け「乗ってきたバイクでそのまま帰れ」
と脅し、飲酒運転でバイクに乗った
おびえたお巡りさんに「こういうことだ」と
言い放つ。

 

琵琶湖に浮かぶ沖島

8ec29b20dba0702afa495fcbbea50ea4
琵琶湖の貯水量を
守るために
13歳の処女を捧げる。


スポンサーリンク