1.南極大陸の地下には、なんと湖が約400ケ存在する。

 

2.人間の赤ちゃんは、生後約4ヶ月過ぎないと塩の味を認識しない。

 

3.世界最大の花は7年に1度しか咲かないショクダイオオコンニャクである。

 

4.人は120万匹の蚊に刺され一斉に血を吸われると体内の血液は全て無くなる。

 

5.世界の資産家ベスト3の合計総資産と、最貧国42ヶ国分の富の総合計は、ほぼ同程度の資産額である。

 

6.地球が砂の一粒程度の大きさと仮定すると、太陽はオレンジ程度の大きさとなる。

 

7.アフリカタテガミヤマアラシのトゲは、最長40cmまで伸び、その長さはおよそ鉛筆3本分である。


スポンサードリンク


8.太平洋に浮かぶトケラウ諸島で使われている電気は、100%太陽光発電によるものである。

 

9.鼻と耳はずっと成長し続けるのだが、目の大きさは生まれてからずっと変わらない。

 

10.1386年のフランスで、豚の首吊り公開処刑が行われた。その罪状は、豚による子供の殺害である。

 

11.サルも皆、くすぐられると笑う。
12.元々北アメリカ大陸生まれなラクダだが、この大陸においては1万年前に絶滅した。

 

13.ケナガマンモスは、エジプトのピラミッド建立中は存在した。

 

14.1時間に302枚のパンツを履いたという世界記録保持者はスコットランドのガリー・クレーグである。

 

15.床屋の外にあるサインポールは、赤が血液、青が静脈、白が包帯の色を示しているが、中世の頃に理容師が外科医も兼任していた名残である。

 

16.実際のところ、塩を好む微生物が多数生息しているため、死海は死の海ではない。

 

17.チャールズ・オズボーンは、約68年間ひっきりなしに、しゃっくりをし続け、その総回数は、4億3千万回に上る。

 

18.なんと、猫の尻尾には、体の中にある全ての骨の10%が詰まっている。

 

19.地球上には昆虫を常食とする人が約20億人いる。

 

20.天王星の季節は、冬と夏だけであるが、42年ごとにしか変わらない。

 

21.南極大陸の全面積の約1%は氷のない場所である。

 

22.地球の自転速度は時間とともに異なり、恐竜がいた時代は1日が23時間だった。

 

23.世界最大のサンショウウオは、最大1.8mのチュウゴクオオサンショウウオである。

 

24.象の皮膚は、場所によっては2.5cmもの厚さになる。

 

25.世界人口の僅か2%が緑色の目の持ち主だが、断然女性の方が男性よりも多い。

 

26.コモドドラゴンは1分以内に2kgの肉を貪り食べ、余分な脂肪は尻尾に蓄える。

 

27.ブチハイエナは、なんと皮膚や骨まで消化する。


スポンサーリンク