現在知られている限り史上最大級の肉食恐竜の一つ「ティラノサウルス・レックス」は、
約6,850万~ 約6,550万年前の北アメリカ大陸に生息し、恐竜時代の最末期を生物種として約300万年間生態系の頂点に君臨していた肉食恐竜だが、
白亜紀末の大量絶滅によって最期を迎えている。

そんな恐竜の頂点に立つ「ティラノサウルス」のこれまでの常識と言われていた定説を覆す新事実が次々に発見されている。

孤独な暴君だと思われていた「ティラノサウルス」だが「実は社会性があった」など最新研究で明らかになった新事実を10件紹介しよう。

 

10. ティラノサウルスに唇が?!

「ティラノサウルス」は、常時ギザギザの牙をむき出しているイメージが強いが、
最近の研究によると、「ティラノサウルス」の牙はエナメルで薄くコーティングされており、
虫歯予防の目的も含め、そのエナメルの湿気を保たつために唇があり、歯はそれにきちんと覆われていた可能性があることがわかった。

牙をむき出しにしている爬虫類といえば「ワニ」を思い出すが、
「ワニ」のような唇のない近縁種は水中に生息するため、湿気を保つ目的の唇は不要なため、唇はない。

しかし、陸上に生息するような「コモドオオトカゲ」などには唇があり、歯をきちんと覆っている。

よって、陸上に生息していた「ティラノサウルス」をはじめとする大型爬虫類は、
10~15センチの歯を保つために唇が必要だったはずだと結論付ける事が可能だ。

 

9. 群れで行動していた

カナダ西部で、推定年齢30歳くらいの大人3匹のティラノサウルスが一緒に移動していた足跡が発見された。

その足跡の保存状態は良好で、皮膚の跡はおろか、1匹の左足の爪が切れていることまで確認された。

恐竜同士が喰らい合う世界を生き残る術を十分に心得ていたと思われる結構な年齢だが、
その「ティラノサウルス」らは、お互いの手の届く範囲からは離れつつも隣り合って歩いていたことがわかった。

一続きのティラノサウルスの足跡としては初めて発見されたもので、
ティラノサウルスが群れを形成したという、実にの興味深い行動の証拠と言える。

 

8. 恐るべき十代

ここで一つ素朴な疑問が生じる。

何故、カナダ西部で発見された足跡の群れは、互いに距離をとっていたのだろうか?

それは、子供時代からティラノサウルス同士の熾烈なバトルが繰り広げられていたからだ。

例えば、性別不明ながらも”ジェーン”と呼ばれる12歳で死んだティラノサウルスの化石からも、そういった事由が読み取れる。

その化石は、大人よりは小さいものの、体長7m、腰の高さは2.5m、体重は680kgと驚異的な大きさだった。

の吻と上顎は、危険な襲撃のおかげで鼻が損傷した形跡や、骨まで届く咬み傷があった。

同年代の仲間によって与えられた傷だと推測されているが、吻は治癒傾向にあり少々平らになっている事から、
”ジェーン”がもっと若い頃に喧嘩をしたということが判明した。


スポンサードリンク


7. 性別の壁

恐竜の雌雄を区別するのに決定的な要素がないため、古生物学者は、発見された化石の性別を判定するのに毎度の事ながら頭を悩ませている。

何故なら、ツノやトゲやフリルがある種であっても、どういうわけかまったく同じ形であり、性別を示す確たる特徴にはならないからだ。

だが、標識番号「MOR 1125」とナンバリングされたティラノサウルスの化石は、はっきりとメスであることが分かる画期的な物である。

化石の大腿骨の内部から「髄様骨」という特殊な組織が発見された事から、彼女が命を落とす際に妊娠していた事が判明した。

専門家は病気だった可能性を調べるためにいくつもの試験を行なったが、結果はシロであった。

「髄様骨」は、現代の鳥類に対して妊娠を証明する優秀なファクターである。

化学的にも構造的にも「髄様骨」に一致という結果が出た化石からは、鳥類同様、
妊娠した恐竜ではエストロゲンの急激な上昇によって髄様骨が形成されることを証明している。

 

6. 共食いしていた

ティラノサウルスは、その大きな体を維持するのに大量の肉を必要とした。

ティラノサウルスの糞の化石には消化しかけの骨や肉が含まれていることから、
代謝が速く、すぐに空腹となって次の肉を求めたであろうことが窺える。

ティラノサウルス同士の喧嘩は鼻を折るだけでは済まず、空腹時であったならば共食いを行い、
相手の肉で空腹を満たすこともあったことがわかっている。

これまで見つかっているティラノサウルスの化石からも、明らかなティラノサウルスのギザギザの歯による傷があったからだ。

しかしながら、それらの傷は、生きている仲間を殺す際の傷なのか、死んだ仲間の肉を食べる際付いた傷なのか判別不能だ。

可能性としたら、そのどちらもありそうだ。

 

5. 歯の鞘(さや)

昔馴染みの恐竜図鑑なんかに掲載されているティラノサウルスの図版は鋭い歯が実に印象的に描かれている。

しかしながら、一咬みで相手に致命傷を与えるその「牙」には見た目だけではワカラナイ秘密があるのだ。

「牙」はステーキナイフのようにギザギザしており、その先端はパッと見”ヒビ割れ”ているようだが、
実は食事によるヒビ割れダメージではなく、内部の鞘のようなものだったと最新の研究で判明したのである。

この鞘の存在により、歯の鋭さと安定性を保ち、命がけで逃げようとする獲物に折られてしまう危険を最小限にする。

牙をしっかりと保持するこの機能は、ティラノサウルスや他の肉食獣脚類に特有のものであるが、
史上最大の肉食生物として地球上を闊歩できた理由だと思われる。

 

4. ナノティラヌス

1988年、ティラノサウルスに非常に酷似しているがサイズが小さくて狭く、しかも歯の数が多いという頭蓋骨の化石が発見された。

それを、古生物学者のロバート・バッカーは新種「ナノティラヌス」のものであると発表した。

「果たして本当に華奢な独立した属なのか? 」「子供のティラノサウルスではないのか?」という意見も当然飛び交ったが、
ティラノサウルスに酷似してはいたものの明らかな相違点があった上、成長しながらかくも劇的に変化すると信じる者はほとんどおらず、
議論は長年に渡って紛糾した。

だが、2001年、モンタナ州で現時点では最も完全な若いティラノサウルス「ジェーン」が発見された。

大人のティラノサウルスへの成長途中のこの化石の頭蓋骨には、ナノティラヌス固有の特徴と考えられていた顎骨の隙間があり、
ナノティラヌスとされる種の血筋を本来の種に結びつける橋渡しとなったのである。

結果、ティラノサウルスは成長に応じて大きく外見を変えていたことが明らかとなり、「ナノティラヌス」は過去のものとなったのである。

 

3. 捕食者の頂点に立つ知恵

ティラノサウルスの祖先に「ティムルレンギア・エウオティカ」という恐竜があるが、その身体の大きさは現在の馬程度でしかなかった。

恐竜時代におけるティムルレンギアの立ち位置としては、数百万年の間、より大型の肉食恐竜の脇役に過ぎなかったのだが、
その脳頭蓋は高い知能を有していた。

馬ほどの大きさしかなかったティラノサウルスの祖先は、その知性をフル発揮し、恐竜世界における捕食者の頂点の座を勝ち取っていったのだ。

後に7トンを超える巨体のティラノサウルスへと進化するのだが、長い恐竜時代の中で見ると、終盤に近づいてから進化したのだというのだから、
実に興味深い。

 

2. 首刈り族


恐竜研究に没頭する専門家の多くは、トリケラトプスの首のフリルに注目する。

なぜなら、「肉食」であるティラノサウルスが、肉のない部位であるフリルを噛んだり、引っ張ったりした痕跡のある化石が多数発見されているからだ。

しかも、調査をすすめていくと、ティラノサウルスがその骨の付属器官に熱狂したと思われる頃にはトリケラトプスは絶命していた事がわかった。

そのような行為をした理由を調べていくと、恐ろしい事実が浮上した。

なんと、大人のティラノサウルスにとってトリケラトプスの首の筋肉は大好物であったため、
それを食べるために邪魔な骨のフリルを排除するため、首を切り取る習慣があったのである。

トリケラトプスの首の齧られた痕は、ティラノサウルスによって猛烈な力で引っ張られたどころではなく、首を引っこ抜こうとして付いたものであったのだ。

実際、トリケラトプス数匹の首関節からは、首が切り落とされない限りはつかないような切り傷も発見されている。

 

1. 吠えない
ティラノサウルス研究家たちは、彼らの鳴き声を知るために、現存する最も恐竜に近い生き物である主竜類――即ちワニや鳥類を調査した。

その結果、羽毛のある子孫のように、空気嚢や、ひょっとしたら鳴管すらあったかもしれないが、声帯はないと考えられた。

当然、声帯がなければ怒号を上げることはできないため、ティラノサウルスのような大型恐竜は、
大地を震わせるような吠え声など上げないと結論付けられた。

つまり、一昔前にテレビや映画で見たような怒号を挙げるティラノサウルスは現実的ではなく、
コミュニケーションの必要性を感じた際、他の大型鳥類と同様に嚢を膨らませて、顎を開けることなく
ブーブーやクークーといったノイズを発生させたと考えられるのだ。

なんだか、そんな鳴き声をするなんて考えるとちょっとガッカリしちゃう…。


スポンサーリンク