脳のエネルギー源はたった1つ

Brain waves

脳に必要なエネルギー源とは「ブドウ糖」である。
人間が一日に消費するエネルギーの約18%を脳が占めており
その脳を働かせるためにブドウ糖が使われる。
血液中のブドウ糖の約50%は脳が消費してしまう。
そのため、一日に必要なブドウ糖摂取量は約120gと言われている。

 

脳を活性化させるブドウ
脳の活性化や疲労回復のためには、脳に栄養を供給するため
ブドウ糖を摂取するとよいでしょう。
一緒にビタミンB1も取ると、糖質の代謝を高め疲労物質の蓄積防止になります。

 

ブドウ糖が不足している時
1
頭を使う作業や考え事をした時など甘いものが食べたくなった時は
脳からのサインだと思って下さい。

ブドウ糖が不足してくると疲労を感じたり、イライラしてきます。
それは、危険信号です。

また、睡眠中も脳はブドウ糖を使うので早朝はブドウ糖不足となり
朝に頭の働きが全開にならなかったりするのはエネルギー不足が原因なのです。

あまりにもブドウ糖が不足しすぎると低血糖症になり
脱力感・記憶力の低下などが起こります。

体温も上がりにくくなり基礎代謝が下がるため太りやすくなります。
それが更に悪化すると、抵抗力の低下、思考能力低下、集中力の欠け、苛立ち
肌荒れや筋肉と内臓組織の極端な減少脱毛と、様々な症状があらわれます。


スポンサードリンク


低血糖症
4
ブドウ糖が不足すると「低血糖症」になります。
自覚症状は、異常な空腹感や脱力感、生あくび頭が働かない、などです。
(血糖値が60~70mg/dl以下の場合、低血糖)
無自覚性低血糖症と呼ばれている種類もあり
低血糖な状態であるのに症状が表れず突然意識を失ったりします。

 

危険な症状
5
空腹、発汗、震え、不安、動悸(どうき)、口唇乾燥
極度の疲労・頭痛・めまい・食欲不振、慢性消化不良・手や足の冷え・目のかすみ
筋肉の引きつりまたはけいれん
甘いものに対する異常な欲求、精神錯乱(せいしんさくらん)・奇妙な行動・昏睡

これらの症状があるときは危険です。
死に至る場合もあるので、注意して下さい。

 

ブドウ糖を効率よく摂取する方法
まず、朝食は絶対に食べましょう。

おすすめは、「くだもの」です。
ブドウ糖だけでなく果糖という糖類も含まれており、分子が小さいため吸収が早いのです。

特に、はちみつやバナナは複数の糖質を含んでいて、即効性と持続性に優れています。
脳の集中力回復・維持に効果があるでしょう。

「力うどん」(うどんにお餅を入れたもの)も脳のエネルギー補給によいでしょう。

少し気を付けていただきたいのは
過度の運動をしてしまうと、ブドウ糖を摂取しても
消費されてしまうので脳の働きが鈍くなってしまいます。

頭を使う勉強や仕事の前は
激しい運動は控えめしてくださいね。


スポンサーリンク