最近は日本のデパートでも見かける事は有るものの、
まだまだ馴染みの浅いエキゾチックなフルーツ。
この20種類を知っていればあなたは確実にフルーツマニア!

1.フィンガーライム
1
キャビア、卵のような粒々した形状が特徴的であるフィンガーライムは柑橘類。
オーストラリア沿岸国境地域の熱帯雨林に生息し、その名前の通り「ライム」「レモン」「グレープフルーツ」のようなしっかりした酸味を持つ。

 

2.リュウガン
2
ムクロジ科のライチに似ているが、リュウガンは東南アジアから中国南部原産の常緑樹である。
果肉(仮種皮)はブドウに似た白く果汁の多いゼリー状で、中央に中に大きな種子がある。
2cmほどの丸く茶褐色の果実をブドウの房のように一度に多く実らせ、独特な香りと味があり好みが分かれる。
多量に摂取すると鼻血が出るという俗説がある。

 

3.セイヨウスグリ
3
スグリ科スグリ属の落葉低木。日本で言うとベリー系と似ている。
ヨーロッパなどでは普通に栽培され、甘い果実をジャムやゼリーに加工する

 

4.パラミツ
4
クワ科パンノキ属の常緑高木になる巨大な果実。東南アジア、南アジア、アフリカ、
ブラジルで果樹などとして栽培され、英語ではジャックフルーツと呼ばれる。


スポンサードリンク


5.バンレイシ
5
原産地は西インド諸島、ペルーなど中南米。果実の表面は緑色で凹凸があり、変色した黒い斑点がある。
味は非常に甘味が強く、ねっとりした果肉の中に梨と同じ石細胞が多く含まれているため、
ジャリジャリとした砂糖の粒を噛むような食感がある。

 

6.チェリモヤ
6
原産地は南アメリカのペルーやエクアドル。
原産地では日本における柿のような、ありふれた果実。
甘く柔らかい味わいは、「森のアイスクリーム」にも例えられるが、食べごろを間違えると青臭かったり(早い)、
苦かったりする(遅い、中身が茶色く変色している)。

 

7.ハヤトウリ
7
熱帯アメリカ原産のウリ科の果実。アメリカ合衆国ルイジアナ州のクレオール料理やラテンアメリカ、
カリブ海諸国の料理によく用いられ、味は淡白でくせがない。その為、漬物、炒め物、煮物などにして食べることができる。

 

8.マルメロ
8
果実は芳香があるが強い酸味があり、硬い繊維質と石細胞のため生食はできないが、
別名「セイヨウカリン」と呼ばれるように、カリンと同じ要領で果実酒
(カリン酒に似た、香りの良い果実酒になる)や蜂蜜漬け、ジャムなどが作れる。

 

9.ライチ
9
ムクロジ科の果樹。、別の植物にバンレイシおよびバンレイシ科の植物があるが、まったく別種の植物である。
日本ではもはやポピュラーな果物で楊貴妃が華南から都長安まで早馬で運ばせた話があるほど、
上品な甘さと香りから中国では古代より珍重されていた。

 

10.トゥナ
10
メキシコ原産のウチワサボテン(PRICKLY PEAR)の果実。独特の香りで、水分を豊富に含み、
食物繊維をはじめ、ビタミンやミネラルが豊富。見た目からは想像できない爽やかな甘さを持つ。

 

11.ドリアン
11
ドリアンの原産地は東南アジアのマレー半島。
玉ねぎの腐敗臭または都市ガスのような強烈な匂いを放つことで有名だが、
最近では日本のスーパーでも見かけるようになった。

意外と知られていないが、果実は甘い香りと共に強い甘味を持ち、
栄養豊富(特にビタミンB1を多く含有)なため、国王が精力増強に食していた。
ゆえに王様の果実と呼ばれ、のちに果物の王様と呼ばれるようになった。

 

12.マンゴスチン
12
東南アジア原産のマンゴスチンは柔らかい果肉、
強い甘みとさわやかな酸味で上品な味わいのため「果物の女王」と呼ばれる。
日本でも人気の高い果物で、デリケートな食感を楽しむため生食が一般的だが、
ジュース、ゼリー、缶詰に加工されることもある。

 

13.ツノニガウリ
13
名前に「ニガウリ」とあるが、一般的に言われるニガウリのツルレイシ属のツルレイシとは別属に分類される、
ウリ科キュウリ属のツノのあるつる植物の果実。ツノメロンまたはキワノとも呼ばれる。

アフリカ原産で、アメリカ合衆国のカリフォルニア州やニュージーランドで栽培されている。
果実はおよそ直径 5-7cm、縦 10cm の楕円球体で、表面全体に突起がある。
その形から食用のほか、観賞用にも用いられる。
果皮は未熟な果実では緑色で、成熟すると薄い黄色から濃い橙色になる。
果肉は半透明でうすい緑色のゼリー状で、味は甘みはなく、かすかに酸味がある。

 

14.ランブータン
14
東南アジア原産のムクロジ科果樹の実。その実は甘くジューシーで見た目も味もライチにも似ている。
果実の大きさは3cm~5cmほどで種子のまわりの薄皮まで食べられるが、
すこし渋い。ビタミンC・鉄分・カルシウムが豊富に含まれている。

 

15.サワーソップ(トゲバンレイシ)
15
中米、カリブ諸島、北米、南米が原産。香りは、
「バナナやココナッツを思わせる基本のクリーミーな香りとは対照的に、
イチゴとパイナップルを混ぜたものに加えて酸っぱい柑橘系の香りが感じられる」とされる。

甘味とさわやかな酸味があり、果汁が非常に多いく、
最近では、東南アジアの一部でも栽培されている。
そのまま、または加工して炭酸飲料や菓子として食べる。

 

16.マクワウリ
16
メロンの一変種で南アジア原産。名前の通り日本で言う瓜で、
メロンほどの甘味は無い。放射状に切って先割れスプーンなどですくったり、
そのままかぶりついたりして食べるが、お盆のお供えとしてよく使われる。

 

17.スターフルーツ
17
原産は南インドなどの熱帯アジアで、熱帯から亜熱帯にかけて広く栽培されている。
味は薄く、酸味がある。水分が豊富な果物で、果肉は和ナシに似た食味がある。
食物繊維を多く含むのも特徴。和名は五歛子(ごれんし)日本では沖縄県や宮崎県などで栽培が行われている。

 

18.グアバ
18
自生する植物で、カリブ海沿岸、中央アメリカ、南アメリカ北部、
東南アジア、日本では沖縄など温かい土地にあり、強い特徴的な香りをもつ。
白か橙色の果肉の中には、小さくて固いたくさんの種子がある。
ビタミンA、B、Cが豊富だが、種子を多く摂取するとお腹をこわす。

 

19.コーヒーチェリー
19
コーヒー豆の原料となる種子のまわりについた食べられる果実。味は甘く、食感はブドウのよう。
コーヒーチェリーという名前は、熟した果実が赤いサクランボのように見えることから付けられ、
コーヒー農園などでは作業者が収穫したコーヒーチェリーの果肉をその場で食べることもあるという。

 

20.ナンバンカラスウリ
20
中国南部からオーストラリア北東部、タイ王国、ラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナムに分布する。
ベトナム語の名称からガックとも呼ばれる。

果実はタンパク質を豊富に含みリコペンとβ-カロテンの他にも、
ガン細胞の増殖を抑える効果がある可能性を持つ注目度の高い果実である。


スポンサーリンク