■異常すぎる失踪事件

4月5日の英紙「Daily Mail」の記事に、ブラジル西部リオブランコ在住の心理学専攻の大学生ブルーノ・ボルヘスさん(24)が
先週の月曜日に失踪したというものがあった。

ブルーノさんの家族曰く「失踪の約1ヶ月前から自室に引籠り、何かに憑りつかれたように妙な事をしているようだった。
本人は「極秘プロジェクト」に取り組んでいるんだと言っていた」とのこと。

彼の部屋からは、イルミナティのシンボルや宇宙人関連グッズ、手書きの暗号で書き綴られたノート14冊など大量のオカルトグッズが発見された。
更に、彼の部屋の壁は不可解な文章と図形に埋め尽くされ、部屋の中央には哲学者ジョルダーノ・ブルーノの彫像(約24万円)が置かれていた。

部屋のあちこちにあったメモには
「子どもの頃に教えられたことを受け入れることは簡単だ」
「難しいのは、大人になってから、これまで正しいものとして教えられてきた真実が間違っていると認めることだ」
などの人類を変革するための文章が書かれていた。

その文章から、コペルニクスの地動説を支持し、権力に屈せず真実を貫き通したため、
異端審問で火あぶりに処された中世の哲学者:ジョルダーノ・ブルーノに共感を寄せていたことが伺える。

何の考えも無く、ジョルダーノ・ブルーノの彫像を部屋の中央に置いていたとは考え難い状況であると言えよう。

ブルーノさんの父:アトスさんは
「先月の27日、息子はTシャツに短パン姿というラフな格好で荷物も持たず出かけたまま戻って来ない。
だから、何度も携帯に連絡したのだが、電源が入っていないようだった。
これまで一人でいなくなることはなかったのに…」
と、地元紙「Globo」のインタビューに答えている。


スポンサードリンク


宇宙人による誘拐事件?

ブルーノさんの両親が1カ月ほどの旅行に出て留守にしていた頃、ブルーノさんは何時間も部屋に籠り、「極秘プロジェクト」に熱中し始めたらしい。

両親の留守中、彼の姉:ガブリエラさんは家にいたのだが、ブルーノさんが部屋で具体的に何をしていたのかは皆目見当が付かなったそうだ。

両親は旅行から戻った際、ガブリエラさんからブルーノさんの奇行を聞き、母:デニセさんは不安に思ったそうだが、
家族団欒で昼食をともにして様子を伺ったそうだが、その時には特に変わった様子を感じられず、胸を撫でおろしたという。

しかし、姉:ガブリエラさんは、簡単には安堵できなかった。

というのも、ブルーノさんは暗号で書きなぐられたノートを指し、「人類を良い意味で変革する内容なので、これを出版しようと考えている」
と真面目な顔をして語っていたからである。

それが部屋に残されていた14冊のノートなのだが、記述が暗号のため、ガブリエラさんにはノートの内容をさっぱり理解できなかったようだ。


そんなガブリエラさんの証言を受け、捜査を指揮する犯罪捜査班の刑事ファブリッツィオ・ソブレイラ氏は、
ブルーノさん失踪事件の容疑者を「出版を阻止するための何らかの裏組織」、はたまた「宇宙人による誘拐事件」など、
全ての可能性を考慮して捜査中だ、と地元テレビ「Acre TV」に語っている。

一見チープなようだが、現在の捜査状況下では、「宇宙人」が彼の口を封じた可能性もゼロだとは言い切れない。

しかし、ブルーノさんが掴んだ真実とは一体なんだったのか?

失踪してしまった今では全てが闇の中なのだ。

そんな中、UFO研究を精力的に行っているロックバンド「Blink-182」の元ボーカル:トム・デロング氏が、
「60日以内にUFOに関する重大な事実を発表する」と大々的に発表している。

こんなタイミングなので、何らかの関連性があるのかもしれない。

情報が限られているため確実な事は不明な点も多いが、ひょっとすると、我々の知らないところで並々ならぬ事態が進行しているのかもしれない…。

スポンサーリンク