伝説のオリハルコン?

オリハルコンとは、古代ギリシャの哲学者:プラトンの著作の中の
「幻の島アトランティスで採掘され、その島内に建てられたギリシャ神話の神ポセイドンの神殿の一部を覆った」
という記述で知られている伝説の金属である。

そんな伝説のオリハルコンらしき合金が、イタリアのシチリア島の海岸付近に眠る2600年前の難破船から、
当時の遺物と共に次々と回収され話題沸騰中なのだ。

この船は、2015年に一度調査され、その際、39個の合金が見つかっているが、
今年の水中探査ではそれを上回る47個もの合金の塊の他、古代ギリシャの兜も発見されたため、
専門家による新たな研究が進行中だそうだ。

 

ダイバーが回収した合金は一体何?

オリハルコンと思われるダイバーが回収した合金の成分は、蛍光X線による分析から銅75~80%、亜鉛15~20%、
そして少量のニッケルや鉛、鉄である事が判明している。

最近の研究では、オリハルコンは亜鉛鉱石を木炭と銅に反応させると得られる黄銅(真ちゅう)に似た合金という説が有力であることから、
シチリアの海で発見された合金がオリハルコンではないかと話題になっているのである。


スポンサードリンク


古代ギリシャ時代の兜

今回の難破船の探査では、謎の合金の他、古代ギリシャ時代の兜が2つも回収された。
T字型の鼻あてが特徴的なこの兜は、海賊の攻撃を防ぐための装備品の一部ではないかという説が浮上している。

また、今回の発見に関わった考古学者兼パレルモの海の管理者でもあるセバスティアーノ・トゥーザは、
「この度の難破船から発見された品々は神に捧げられた供物に違いない」との仮説を論じている。


考古学的に貴重な資源

様々な調査によると、件の難破船は、ギリシャからシチリア島のジェーラに向かう途中で突然の暴風雨に巻き込まれ、
港に入る直前に沈没した可能性が高いようだ。

ちなみに、2600年前のジェーラは、職人の作業場が多数存在する裕福な都市だったらしい。

また、シチリア島周辺の海には同様の古代の船があと2隻確認されている。

トゥーザが率いる探査チームのメンバーは「このような難破船は考古学的な発見が見込める貴重な資源だ」と語っていることからも、
古の謎に迫る手がかりは今後も続々と発見されるかもしれない。


スポンサーリンク