1 幸せを感じないのは遺伝が原因?

アメリカのミネソタ大学が「人が感じる幸せの度合いを決めるものは何か」という調査を双子を対象に行った。

そして、その答えの一つは「環境的な要素」だと導き出したのだ。

つまり、如何に自分の人生が充実していたとしても、周りの状況によっては幸せを感じにくいという訳なのである。

また、あるイギリスの研究者が2500人の被験者を対象にした研究によって「遺伝的な要素」も幸福度に大きく影響するという研究結果が出たそうだ。

その研究結果によると、セロトニンの分泌に関わる「5-HTT」という遺伝子の「長さ」が幸福感に影響しているらしい。

つまり、長いタイプの「5-HTT」保持者は、そうでない人よりも物事をポジティブに捉えられ、幸せを感じやすいそうだ。

また、長い「5-HTT」保持者はストレスコントロール能力やネガティブな感情を克服する能力が高い、という研究結果を導き出したと、
エセックス大学が発表している。

 

2 年齢を重ねていくごとに幸せを感じにくくなる?

近年の研究により、最も幸福を感じるのは10~20代にかけてであり、30代に差し掛かった辺りから、
だんだんと幸せを感じにくくなると考えられるようになったそうだ。

何故なら、若者は多少非現実的な目標を掲げていても、それを糧に頑張ることが可能なのだが、
年齢を重ねるにつれ、目標達成が困難あるいは不可能であることが判って来るからなのだそうだ。

つまり「夢が無くなる」ということに他ならない…。

 

3 子供の誕生は「3人目」から幸せを感じにくくなる?

アメリカ人、イギリス人、ドイツ人の親を対象に行った調査によると、子供を授かる時の幸福感は、
誕生直前が一番ピークとなる場合が多いそうだ。

これは、第一子の時のみならず、第二子の時にも概ね同じように幸福感が得られる場合が多い。

しかしながら、第三子の時には幸福感が一気に下がるだけでなく、出産後にネガティブな感情が生じる場合もあるそうだ。

また、子供の誕生に関する幸福度は、出産時の年齢も大きく関係しており、35~45歳までの所謂高齢出産が最も幸福感が高く、
逆に18~22歳までが最も低いとされている。


スポンサードリンク


4 「幸せ」と「喜び」は違う?

スィーツ大好き女子がケーキバイキングでご満悦。
正に至福のひと時だと言えるが、この状態を「幸せ」と表現しても良いのだろうか?

心理学的には「幸せ」ではなく「喜び」と表現した方が妥当なのだそうだ。

「喜び」とは「周囲の外的要因により与えられる一時的な満足感」のことを指すのだが、
「幸せ」とは「自分自身からの内的要因により、周囲の人々へ影響を与えたり、助けたりすることが出来る状態、
或いは、様々な困難に打ち勝つ能力を持っている状態」のことを指すのである。

即ち、「幸せ」な状態とは、自己認知されている自身の存在価値の高さによるものであり、
「喜び」が全く存在しなくとも「幸せ」は存在し得るのである。

一般的に「喜び」と「幸せ」はイコールとして捉えられがちだが、心理学的に区別することで、
「物」に依存しないと充足感が得られないような「喜び」状態を「幸せ」と勘違いしなくなり、
真の「幸せ」を掴みやすくなるであろう。

 

5 「時は金なり」の悲劇

カナダのトロント大学で、被験者に対し「時給」を考えるように講義を行った後、
音楽鑑賞やネットサーフィンなどの余暇活動をしてもらう、といった実験が行われた。

すると、多くの被験者は、生産的行動をしたいという衝動に駆られ、落ち着いて余暇時間を楽しめなかったという結果が出たのである。

現代社会を生きる我々は「時は金なり」という意識が強すぎて、常に効率的に時間を使おうと試みるため、
物事を楽しむ「余裕」を見失っていると言えよう。

巷に溢れる「早い」「安い」がウリのファストフード店なども、景色や食べ物をじっくり楽しむ事を殺いでいる一因であると考えられている。

 

6 何故「幸せ」なのに自殺する?

自殺する人は「不幸」を強く感じており、「幸せ」を感じている人は自殺しにくいだろう、と単純に考えてしまいがちだが、
あながち、その考えは当てはまらないようだ。

何故なら、西ヨーロッパに位置するフィンランドは生活に対する国民の満足度は非常に高いのだが、自殺率も高いのだ。

同様に、アメリカのアリゾナ~アラスカにかけての地域も生活水準が高いのにも関わらず自殺率が高い、という一見奇妙な現象が当てはまり、
「自殺地帯(Suicide Belt)」という不名誉な呼ばれ方をしている。

アメリカとヨーロッパの国々において、生活満足度と自殺願望との間には、それほど強い関連性は無いと見られている。

ちなみに日本は、国民の「生活満足度」は145カ国中92位、自殺率は世界で15位と微妙な位置にいる。

「生活満足度」と「自殺率」との間には、やはりある程度関連性があるのかもしれない…。


7 「幸せ」を恐れる人たち

誰もが「幸せ」になりたいと思っている…通常、そう考えてしまいがいだが、実はそうではないらしい。

「幸せ」になることを恐れ「不幸せ」になることを望む人も少なからず存在する、という結果が、
ニュージーランドのヴィクトリア大学ウェリントンで行われた研究によって出たのである。

「不幸せ」を望む人々の多くは、「幸せの後には必ず不幸がやってくるに違いない」という不安を抱いていたり、
「自分の幸せよりも、家族、自分が属する組織・団体の利益」を優先して考える傾向があるようだ。

このような思考の持ち主は、インドや香港、日本に多く見られ、特に日本では、
有給休暇を取るのに抵抗を感じる人が多いという事実に、その傾向がよく現れていると言えよう。

8 悲観的な人ほど「幸せ」を感じやすい?

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究によると、目標達成による満足度は予め設定していた目標値に大きく左右される。

例えば、テストで90点取った時、「どうせ50点しか取れなかっただろう」と考えていた場合と「80点は取れているハズだ」と考えていた場合では、
同じ90点だったとしても前者の方が達成感が大きいのである。

この仕組みは極めて複雑な「数式」で現すことも可能らしいが、そちらは専門家に任せることとして…。

即ち、常にネガティブに「どうせ自分は何をやってもダメだ…」と考えている人ほど、
自分が出した結果から幸福感を得やすい、と言えよう。


スポンサーリンク