高額当選宝くじは課税対象なのか?!

高額当選を夢見て宝くじを買うのは、当たり前のことなのだが、
当たってもないのに
「宝くじが高額当選したら翌年の税金超ヤバくね!?」
と、ふと心配になる方も多いのではないだろうか?

…実は私もその1人なのだが(汗

なので、ちょっと調べてみることにした。

すると驚愕の事実が発覚!

なんと、宝くじに当選したとしても課税対象とならないのだ!

つまり、所得税・住民税もかからない「非課税」なのだ!

100万当たろうが1億当たろうが、当選金額が高額・少額に関わらず「非課税」なのである!

よって、ジャンボ宝くじで5億円が当たったら、5億円まるまる自らの懐へ納める事が可能なのだ!!

ここで素朴な疑問…宝くじに当選しても非課税なんてこと、ホントにあるの?

そのカラクリは、宝くじを購入した時点で税金を収めた格好になっているからなのだ!

え?言っていることの意味が良くワカランチンとな?


スポンサードリンク


では、例を交えて解説しよう。

300円の宝くじを10枚買ったとする。

実は宝くじの値段の約40%は税金として徴収されているので、今回の場合だと、約1200円税金を収めているのだ!

そう!既に納税しているから「非課税」なのであり、翌年の住民税も所得税もかからないのである。

オマケに宝くじの高額当選による大金取得に対しては確定申告も不要と法律で定められているのだ!

しかし!宝くじの高額当選金を間違った方法で受け取っちゃうと、ゴッソリ税金で持っていかれる可能性があるのだ…!

 

知らないと損をする!宝くじ高額当選金豆知識

「年末ジャンボ宝くじ1等当選したら1億くらい親にプレゼントするぜ~!」

誰しも、こんなこと考えたことあるかと思うが、実はそこには大きな落とし穴が待ち受けているのだ!

高額当選したアナタは「今まで育ててもらったお礼」と、1億円を渡すだけだと思うかもしれないが、
1年間のうちに1人の第三者へ110万円以上のお金を渡すと、渡された人に対して「贈与税」というものがかかるのだ!

今回のようなケースだと、親は1億円受け取っても、贈与税の対象となり、4720万円が税金として徴収されてしまい、
親の手元には僅か5280万円しか残らなくなっていしまうのだ!

贈与税も、その金額によって税額率は変動するのだが、その最高税額は、なんと50%にもなっちゃうのだ!!

思いがけない大金を高額当選宝くじでゲットし、優しさで分けたとしても贈与税がかかってくるので、マジで注意が必要なポイントと肝に銘じておくと良い。

 

当選したら必ず◯◯を受け取ろう!

宝くじに当選したら、必ず受け取らねばならないもの…それは「当選証明書」である。

宝くじの高額当選ともなれば、アナタの貯金通帳に突然大金が振り込まれる。

税務署は大金の動きのニオイに非常に敏感であるからして、
「何故こんなに預金通帳に残高があるんだ!税金払え!」
なんて言ってきやがることがあるらしい。

前述したように、宝くじは「非課税」なのであるが、「当選証明書」を持っていないと、その大金が宝くじの高額当選金だと証明できないため、
本来支払わなくても良い税金をタンマリと支払わねばならなくなるので要注意である。

余談になるが、「競輪」「競艇」などは確定申告が必要であり、当選金に対して課税されるケースがあるので注意が必要である。


宝くじに当選したら知っておくべき豆知識

宝くじに高額当選した時、親や子供に分配したら贈与税がかかると前述したのだが、
それを回避する裏技が実は存在する。

その方法とは『宝くじの共同購入』である。

この方法だと、宝くじを購入したのは一人ではなく団体なので、当選金を受け取る権利は、当然複数人となる。

当選金の受け取りを行う際、『共同購入した宝くじ』だと猛烈アピールを行い、
複数人1人1人の名義でお金を受け取れば良いのだ。

当選金を受け取った後、第三者にお金を渡すと、そこには「贈与税」がかかってしまうので注意が必要である。

しかし、税制法は常に変わっていくものなので、もし宝くじの高額当選が現実のものとなったら、
当選金受け取りの前にしっかりと自分自身で調べてから手続きすると吉である。


スポンサーリンク