■人類は皆、4つの超能力保持者

アナタは“虫の知らせ”を感じて、いつもと違う事をしたり、予定変更したところ、事故や災害に合わずに済んだという経験はないだろうか?

はたまた初対面であるにも関わらず、「この人の言うことを真に受けてはならない」と、直観的に感じた事はないだろうか?

「そんな経験なんて無いよ!」と言う人も勿論いると思われるが、実は無自覚に行っていることも多いのではないかと思う。

自覚・無自覚に関わらず、“スピリチュアル”な世界の解釈ではこれらは我々に本来備わった“超能力”なのである。

情報サイト「Disclose.tv」によると、我々が備え持つ“超能力”を、
超視覚(clairvoyance)、超聴覚(clairaudience)、超感覚(clairsentience)、超認識力(claircognizance)の4つであると説明している。

この4つの超能力を全ての人が持っているのだが、全てバランス良く持っているのではなく、
どれか1つの能力が相対的に高くなっているらしく、自分はどの能力が高いのかを見極めることが出来れば、
その能力を訓練によって伸ばす事が可能となり、自他共に認める“サイキック”になれるらしい。

…それでは、この4つの超能力を順に解説し、訓練方法もお教えしよう。

 

●超視覚(clairvoyance)

超視覚は、別名「千里眼」とも呼ばれ、むしろこちらの方が聞き慣れているかもしれない。

この能力は、これから起る災いをビジュアル的に“予見”したり、人が放つそれぞれ異なる色彩の“オーラ”を見ることが可能だ。

そのため、睡眠時に将来起こることを文字通り予見する“予知夢”を見ることもある。

また、初見の相手でも顔と身体的特徴を詳細に記憶でき、いつでも思い出す事が可能だという特徴も併せ持つ。

ちなみに、超視覚タイプのサイキックは、ビジュアル系のクリエイターに多いらしい。

それでは“サイキック”と呼ばれるほどに能力を高めるための訓練法をお教えしよう。

~超視覚タイプの訓練法~

能力の向上のためには、ただぼんやりと考えるのではなく、意識的に“ビジュアライズ(視覚化)”して考える事だ。

抽象的すぎて、よくわからない?

では、具体的に説明しよう。

ちょっと時間が空いた時などに目をつむり、今現在の自分の身なり(服装、体勢、ヒゲやメイク等)を鏡を見ずに目を閉じたまま
可能な限り克明に且つ客観的にビジュアライズしてみるのだ。

この作業がスムースに行なえるようになれば、“超視覚者”への道が拓けてくる。

スキマ時間を是非有効活用してチャレンジして欲しい。


スポンサードリンク


●超聴覚(clairaudience)

超聴覚者は、一般人には聴こえない音(ベル音やブザー音のような音)を感知できたり、声に出していない人の胸中の思いを聴けたり、
声として発した「偽りの言葉」や、「意に反する物言い」を敏感に察知し、その人の真の意図を汲み取ることが可能なのだそうだ。

ちなみに、超聴覚者は音楽方面で活躍する人が多いらしい。

~超聴覚タイプの訓練法~

能力の向上のためには、聴力をさらに鋭敏にする事だ。

具体的には、目を閉じて、周囲の雑音に注意深く耳を傾けることで、音の間に訪れる完全な静寂を“聴く”ことが可能になる。

完全な静寂の中でかすかに鳴り響くハミング音「ハム(hum)」が聴き分けられれば、
自分の呼吸音や心臓の鼓動を聴くことに集中することで、超聴覚者としてのレベルアップが約束される。

 

●超感覚(clairsentience)

超感覚者は、他者の感情を引き出して理解可能なため、
目の前の人物の身にふりかかっているトラブルや問題を、言われなくとも感じとることができるのだ。

故に、論理的に説明不可能ながら、事前に災いを回避する勘にも優れていると言えよう。

だが、同情心や共感能力がきわめて高く、他人が味わった苦痛を痛みを伴い追体験してしまうため、
大きな集団の中で過ごしていると疲れきってしまう大きな欠点もある。

~超感覚タイプの訓練法~

自分が全く未知である家族や友人の知り合いの写真を見せてもらい、その写真の人物がどんな人物であるのかを
自分の感覚に基づき、信頼に足る人物であるかどうか、どのような性格的特徴を持っているか等事細かく推察してメモなどに書き記し、
写真を提供してくれた者に“正誤”を判定してもらう、という訓練を重ねる事でだんだんと超感覚が養成されてくるそうだ。

その他の訓練方法として、中古品や古着を実際に手に取り、その物品の前の所有者がどんな人物であったのかを推察するというものもある。

 

●超認識力(claircognizance)

超認識力とは、実際に見聞したことがないはずの物事や現象を“知っている”、
また目の前にいる者が言わんとする話の内容を、直前に察知することが可能な能力である。

つまり、頻繁に“デジャヴ”を体感しているということだ。

従って、現在・過去・未来に関する深い洞察が突然訪れ、新たな見識を学習することなく獲得しており、
分析的・抽象的な事柄に対する理解力が高く、極めて広範囲の分野にわたり専門的な話をすることができるそうだ。

~超認識力タイプの訓練法~

超認識力を高めるためには、まずペンと紙を常備し、スピリチュアル用語で言うハイアーセルフ(高次元の自分)と
より密接に繋がる必要がある。

そして、ちょっとしたスキマ時間にハイアーセルフに質問を投げかけ、脳裏に思い浮かんだことを片っ端からメモる。

深く考えず、あくまでも思い浮かんだ事をメモる事が重要で、仮にハイアーセルフとの接続が途絶えてしまったと感じても、
ペンを持つ手を動かし続ける必要がある。

これを繰り返していると、「自動書記」と呼ばれる現象となり、書き留めた内容に具体的な“提言”や“予言”が盛り込まれてくるようになるのだ。


■超能力訓練は効果的な“自分磨き”

4つの能力の解説文を読んで、アナタはどのタイプだったか気づけただろうか?

この能力の中でも「超感覚」と「超認識力」は比較的多くの人に見られる能力らしく、
“サイキック”と見なされていない人々の中にも、かなり高い能力を保有する人々がいるらしいので、自分のタイプがよくわからなかった人は、
この2つから絞って訓練を積むのもいいかもしれない。

科学的には完全に解明されたわけではない“超能力”だが、そのメカニズムの理解と能力向上に向けた訓練は、
自分の潜在能力を高め、より自分らしく生きる“自分磨き”になるに違いない。


スポンサーリンク