飲食店のなかには、
大量の食べ物を指定された時間内に食べたら無料になったり、
お金をもらえたりということを、やっているところがあります。

食べきれなければ、それなりの金額を払わないと
いけないというふうになっています。

 

食べることに挑戦するメニューがあるわけですが、
ある1人に女性が、ファストフードのみを7日間食べ続けるという挑戦をしました。

ファストフードのみ食べていたら体に変化が・・・
女性は24歳で職業はライターです。

 

挑戦の内容は、一日の食事全てを
ジャンクフードにすること。

ジャンクフードは、たまに食べるならいいかもしれないですが、
一週間全てジャンクフードのみの食事って、なかなかしようとは思えないですよね。

 

挑戦した女性は、スタート前は、
肌の状態は良くて、体脂肪率は23%でした。

 

開始日の様子

朝は、ベーコンサンドイッチ
昼、ダイエットコーラ・マックとフライドポテト
夜、フライドポテト・フライドチキン、コーン半分

 

2日目

朝、ベーコンエッグサンド(サブウェイ)
昼、ハンバーガーセット
夜、ケバブ

 

挑戦した女性は、
食事に強いこだわりを持っているわけではなく、
最初は、ジャンクフードだけでも大丈夫だと思っていたそうです。

しかし、2日連続でジャンクフードのみという食事に彼女は、
この時点で、気分がよくありませんでした。

 

3日目

朝、ベーコンエッグマフィン
(バーガーキング)

昼、コーラ・チキンサンドイッチ
フライドポテト

夜、グリーンピースのマッシュ
フライドポテト・フィッシュアンドチップス

 

4日目

朝、なかなか起きることができなくなり、疲れが取れなくなり、
精神的に落ち着きがなくなってきて、肌は脂ぎってきました。

まだ挑戦期間の半分を過ぎたところですが、もう続けたくないと感じていたそうです。

ですが、挑戦は継続。

朝、ラテ・ハッシュブラウン
ソーセージエッグマックマフィン
昼、ダイエットコーラ
スパイシーイタリアンサンドイッチ
(サブウェイ)
夜、マッシュルームパイとチキン


スポンサードリンク


5日目

朝、サンドイッチ
昼、エクレア・エクレア
夜、チーズピザ
(トッピングにハムとマッシュルーム)

 

6日目

挑戦6日目、ついに彼女は、集中して仕事ができない状態になります。
寝ても疲れがとれず、ずっと疲労感を感じたままでした。

ほんのちょっとしたことで、苛立ってしまって、
落ち着かない気分になっていました。

朝、ソーセージサンドイッチ
(スターバックス)
昼、チキンブリトー
夜、マルガリータピザ
(オリーブオイルのみ)

 

ジャンクフードを、もうこれ以上食べたくないという気持ちになっていて、
食べていなくても、ジャンクフードの包装を見るだけで、気分が悪くなるほどでした。

心も体も、大きく変化していて体の変化は皮膚にも表れていました。

肌は挑戦開始前よりも、
皮脂が、たくさんある状態になっていました。

ふくらはぎの脂肪は、5.7%増加し、体脂肪は2%増えていました。

 

7日目
ついに最終日。

昼にフライドポテトとチキンナゲットを食べました。

7日間の挑戦の最後の食事は、フライドポテトとハンバーガーでした。

彼女は挑戦が終わってから、医師に診てもらったようです。


医師は、挑戦前の状態に戻るには、
2か月はかかるだろうと、言っていたそうです。

たった一週間、ジャンクフードのみの食事にするだけで、
元の体に戻すのに2か月もかかるという事態は、予想していなかったとのこと。

 

ジャンクフードばかり食べている人の
健康状態が心配になるような挑戦結果でした。

彼女は、ファストフードに感じることが、
挑戦前と挑戦後で、大きく変わったそうです。

 

彼女は、挑戦途中から、早くこの
ジャンクフードばかりの暮らしから、逃れたいと思っていたことでしょう。

最終日は、もうジャンクフードを食べなくていい
という開放感を感じていたことでしょう。

ジャンクフードばかり食べないように、気を付けたいものですね。


スポンサーリンク