終戦後70年以上が経過している。

沖縄では、反米感情が、まだ強いという。

ところが原爆を落とされたはずの広島は、
なぜか親米感情が強いのだそうだ。

 

先日、オバマ大統領が広島を訪れた。
その際、広島市民はアメリカ大統領を歓迎したという。

広島にはアメリカのスポーツである野球のチームがある。

広島東洋カープである。
リーグ優勝を25年ぶりに成し遂げ、
広島は盛り上がっている。

一方、沖縄は、基地問題などで広島とは対照的な情勢となっている。
なぜ、広島では、こんなにも親米感情があるのだろうか。

 


その理由として、ある日本人スパイの存在が、浮かび上がってきたのだ。

2006年になって、初めて、
その日本人スパイのことが明らかとなった。

 

アメリカで、外交機密文書が公開されたためである。
日本人スパイのコードネームは、ポダム。

ポダムなる人物は、
A級戦犯とされたのだが、釈放されている。

利用できる人物であると認識されていたためである。

 

日本という国は、戦後、アメリカにとっては、
勢力を増しつつあった共産勢力への防波堤というべき国となっていた。

そのため、日本国内で反米感情が高まることは、
防がねばならなかったのだ。

 

そこで、スポーツとメディアを使って、
親米感情を高めようとしたのだ。

ポダムは、戦後、荒れ果てていた地に、
野球チームを作り、「プロ野球の父」と呼ばれたり、
アメリカのロカビリーを放送して、「テレビ放送の父」と呼ばれたりしていた。


スポンサードリンク



ポダムはCIAと、
日本にアメリカの文化を浸透させていったのだ。

広島にプロ野球のチームを作ることは、
CIAの指令の中でも重要なことであった。

 

広島に住む人々に、アメリカによって日本が良くなった
と思うようになってほしいという狙いだった。

広島は、日本の親米化の重要地域であった。

 

広島は、反米感情が強くて当たり前だと誰もが思うところを、
広島は、親米感情が高いということになれば、その後の安保成立に役立つだろうと
CIAは考えていたのかもしれない。

ポダムによって広島にはプロ野球チームが誕生した。

しかし、その後順調であったかというとそうではなかった。

野球チームが作られた、その年に資金難となったのだ。

 

そのため大洋に吸収合併される予定だった。

ところが、この計画は撤回された。

広島に作った野球チームを現場の判断で関東に移すというのは、
アメリカにとっては、良くないことであったからなのだろう。

 

この時期に、池田勇人、大平正芳らが、
球団後援会長として名前があがった。

池田勇人は、後に首相となる人物である。

それだけ、アメリカが広島の野球チームに、
期待を寄せていたということなのだろう。



1968年に、東洋工業(現マツダ)社長が、
オーナーに就任して、球団名が、広島東洋カープとなった。

ところが、70年代に、マツダが経営危機に陥ってしまう。

 

すると、米国のフォード社の資本が入って
マツダはアメリカ系の会社となった。

こういった経緯を見ていると、アメリカは、広島に野球チームを、
根付かせていくために、裏から資金を送っていたともいえるのかもしれない。

 

今では、広島は親米の都市といっていいだろう。

こういう結果となったのは、
CIAのスパイであったポダムのおかげではないだろうか。

 

アメリカで公開された資料によれは、
スパイのポダムの実名は、正力松太郎である。

正力松太郎は、日テレ初代の社長であり元読売新聞社社長である。


スポンサーリンク