大人の男性の精巣では、
多くの精子が作られている。

その数、1秒間に、およそ1500である。

1人の男性で1500なので、
この世の男性、すべて合わせると、
膨大な数の精子が、毎日、作られていることになる。

膨大な量の精子が作られるのだが、多くは、本来の目的を達成できない。

本来の目的とは、
精子が、卵子と合体して、新たな命の元となるということだ。

常に作られている精子は、ほぼ無駄になっている。

そこで、本来の目的を果たせない精子を、
なにか他のことに応用できないかと、考えた人物がいる。

オーストラリアの
医師アンドリュー・オア氏によれば、精子は生殖以外のことにも役立つそうだ。

こういうことは、学校の授業では、教えてくれないだろうし、ネットでも、
あまり掲載されていないかもしれない。

精子が役立つ5つのことを紹介しよう。

 

その1
女性が幸せを感じる。

付き合っている男女の仲が普通に良い状態で、
オーラルセックスやセックス(避妊をしていない)を、多くしている女性は、
幸せな気分で暮らしている傾向が強く、気分が落ち込むことが少ない。

精子が女性の身体に与える、よい影響は、大学の研究により確認されている。

オキシトシンやプロスタグランジン、
セロトニンといったものが分泌されるのだ。

このことにより、女性は幸せを感じたり、
健康を保ちやすくなったりといった効果がある。

 

その2
排卵を促進する。

研究によると、セックスをしているときに、
精子と女性の愛液が混ざり合うと、
排卵を促進する信号が、女性に脳に、送られるそうである。

精子といえば、単純に男性の遺伝子を、
運ぶだけの役割だけかと思われてきた。

しかし、研究結果から、女性の排卵を、
促進するという役割があることも、判明したのだ。

 

その3
食べ物の味を整える。

なんと、精子を使用したレシピ本が、出版されている。

本を書いた人によると、精子は、栄養豊富であり、
味に奥ゆかしさがあり、料理の味を整え、質の向上に役立つそうだ。


スポンサードリンク


その4
定期的な射精は、よい習慣である。

男性は、射精を習慣とすることは、
良いことである可能性が高いようだ。

定期的に射精をすることで、
精子は、活動的になり、前立腺の健康を保つことに役立つらしい。

世界保健機関(WHO)が、そういう発表をしている。

 

その5
精子は美容に役立つ。

昔から、精子は女性の美容に良いと噂されてきた。

真偽は定かではなかった。

しかし、ある会社が、精子が入っている美容クリームを販売しているのだ。

老化の進行を抑制するらしい。

科学的にも、
精子は美容に良いという結果が出てきているようだ。

精子には、すぐれた物質が、非常にバランスよく含まれている。
亜鉛、ビタミンC、コラーゲン、アミノ酸、プロスタグランジンなどである。

一説には、あの「エリクサー」に、かなり近いのではないかとされている。

「エリクサー」とは、あらゆる病を治し、
不死の生命を得ることが、可能な薬という伝説があるものである。

これだけの効能があるとされている精子。

しかし、世界では、
精子は、ほぼ活用されていないといっていいだろう。

非常に、もったいない話しだ。

将来、
精子の良さが認知されるようになると、いろんなお店で、
精子入りの商品が並ぶのが、当たり前となるかも。


スポンサーリンク