アメリカで一番の透視能力者が北朝鮮が神奈川県を核攻撃すると警告!?

その超能力者が核攻撃されるエリアを描いたのが次の画像である。

 

神奈川県は、こんな形

神奈川県に、そっくりの形である。

全米で一番の透視能力者が神奈川県が核攻撃されると警告しているが、他にも、この兆候は見られる。
それは、「イルミナティカード」と言われるものである。
これは、秘密結社イルミナティの予言が示されているというカード。

 

そのイルミナティカードが次の画像である

次に、この画像を見てほしい。
ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルである。

お気づきだろうか。
見てもらったイルミナティカードの後ろのほうにある黒い建造物らしきものが、この横浜のホテルに、そっくりなのだ。
カードの壁には、人の影が描かれている。
これは、核兵器の攻撃によって、壁に人間の有機組織が張り付いてしまった光景を思い出させる。私たち日本人なら、子どものころ学校の授業などで、こうした写真を見た覚えがあるかもしれない。

その人影の下には、原子力の、あのシンボルが見える。

このように壁に人の有機物が張り付くような現象は、強力な熱線がないといけないので、核兵器の攻撃によるものと推測されるのだ。

一番始めに見ていただいた神奈川県の地図には、飛行機のマークがあった。
これは、厚木基地の位置を示している。
透視能力者の予言と、イルミナティカードを見る限り、どうやら、厚木基地から、横浜にある画像のホテルまでは、一面焼け野原になってしまう危険性があるらしい。


スポンサードリンク


この悲劇を避ける方法はあるのか?

まずは北朝鮮の状況がどうなっているのかを検討してみよう。

2016年にアメリカと韓国の合同での軍事演習があった。
これに反応した北朝鮮は、核で先制攻撃をしかける準備があると警告しはじめた。
その核攻撃の対象範囲には、日本も含まれているというのだ。
北朝鮮は、どうやら日本における侵略の本拠地というものを想定しているらしい。
この侵略の本拠地が、前述の神奈川県の厚木基地だと推定される。

北朝鮮が、日本にも攻撃の意思を示すのは、なぜだろうか。
それは、北朝鮮が、朝鮮半島で有事があったときに、日本が韓国を支援することを恐れているためだ。

この警戒には過去の歴史に理由がある。
それは、1950年の朝鮮戦争でのことである。

当初、北朝鮮は有利に戦況を運んでいた。ところが、後からアメリカが介入してきて、日本も後方支援を始めた。
これにより、北朝鮮は、一気に不利な戦況へと、なだれこんでいったのだ。
こうした過去の歴史があるため、今でも、北朝鮮は、日本にも警戒しているのだろう。

ということは、日本が、今後、朝鮮半島で有事が起こったとしても、なにも支援しなければ、北朝鮮は日本を敵とみなさない可能性がある。
朝鮮半島の有事とは、つまりは朝鮮民族の内戦ともいえる。
その内戦に日本が関わることは、帝国主義的ともいえる過ちであるという考え方もあるだろう。

もし日本が、東西に分かれて内戦を始めた場合、外国が参戦してきたりしないでほしいと願うだろう。
朝鮮半島は、平和的に統一の道へと進んでほしいというのが、アジアを含めた諸外国の思うところであろう。

朝鮮半島統一のために、海外の国が政治的にも軍事的にも関わらないほうがいいという意見もあるだろう。
韓国は、日本には助けてもらわないでいいという意思表明をしているのだ。それは、日本の集団的自衛権の行使に韓国は反対であるということから分かる。

 

では、日本にいる米軍はどうなるのだろうか。

じつは、在日米軍が韓国を支援するには、「日米事前協議」によって日本が認めないとできないことになっている。
在日米軍は、邦人米国人救出のための活動に限定されると韓国に伝えることもできる。

北朝鮮は、今や、事実上、核保有国となったといっていいだろう。
朝鮮半島での有事の可能性は高くなってきた。

日本が、今回の予言のように核攻撃を受けないようにするためには、朝鮮半島に有事が起こったとしても、日本も在日米軍も朝鮮には関わらず、静かに見守るだけにしておくのがよいことになるだろう。

日本側が、韓国に支援などを行わなければ、北朝鮮は、日本に核攻撃をしてこないだろうということだ。


スポンサーリンク