SF映画『バトルランナー』や『ハンガー・ゲーム』で描かれている地獄絵のような人間狩りゲームが、
独身最後の男ばかりのパーティや、観光客向けのアトラクション、チームワーク作りの訓練として
2200年頃には一般公開されるイベントとして現実化し、テレビによる実況中継が放映されるような
大ビジネスになるだろうと、科学誌に論文を寄せ、自説を展開し、熱弁を振るう観光学者がいる。

それは、英国セントラル・ランカシャー大学の観光学講師:ダニエル・ライト氏である。

ライト氏は、経済・生態系の崩壊によって、爆発的な人口増加と貧富の差の拡大によって世界が荒廃してしまった結果、
「人間狩り」ビジネスは実現への階段を上り続けていると語る。

戦場やグラウンド・ゼロ、強制収容所などの「死の現場」の一般公開に加え、
博物館の展示企画までも切り裂きジャックやドラキュラのような殺人者を熱心に取り上げ、
現在も継続中の「ダーク・ツーリズムへの熱狂」が「人間狩り」ビジネスの予兆と言っても過言ではない。

「まるで悪夢のような未来だ」と危惧しつつも、歴史を振り返ってみれば、
公開処刑や決闘を見ようと大勢の人々が群がった事実が日本も含め世界各地に残っている。

アフリカなどで、リッチなアメリカ人がレジャーとして楽しんでいるスポーツハンティングは、
何の罪もない大型動物を追いまわして仕留め、その獲物と共ににっこり笑って記念撮影をしている様は、
対象が人間でないだけで、中身は「人間狩り」となんら変わりがないのではないだろうか…。


スポンサードリンク


人間狩りは自然界における淘汰

ライト氏によると、2100年始め頃には、「人間狩り」が一部の金持ちなどの娯楽として秘密裏に誕生し、
2200年までには合法化するのではないか、という。

「死を見世物化していたという事実は、『ローマのグラディエーターの戦い』、『公開処刑』など、
歴史を振り返ればその例は数多く存在し、なにも目新しい現象ではない。

『人間狩り』は、社会の営みのひとつになっていると言っても過言ではない。

本能的な欲求として、人はさまざまな形で死を見たいという衝動があり、
また、それは自然の習いに従い理に適っていると言えるのだ。

生態系の崩壊は、食糧・土地不足となり人口を支え切れなくなる事態を意味するため、
大金持ちが『人間狩り』として貧乏人を狩るのは、娯楽としてのみならず増えすぎた人口を減らす効果にも繋がる、といった
『歪んだ正当論』がまかり通ってしまう。

『歪んだ正当論』を盾に、大金持ちが意図的に人間を虐殺しつつ邪悪極まりないスリルと興奮を楽しむ休暇を過ごし、
更に生き延びたいという人間の根源的な執着のせいで却って需要を煽り、
裕福な一部エリートを含む、幅広い範囲の人たちから『人間狩り』が認識され、
自然に且つ一般的に受け入れられるようになる。

だがしかし、金持ちが貧乏人を遊びで狩るなどという世界は、最悪の状況なのは間違いない。」

 

『人間狩り』が一般化するという未来のシナリオ

2200年には、ギャンブル産業での人気商品として、
「独身さよならパーティ」や「チーム作りイベント」などの企画として
『人間狩り』が当たり前のように、観光テーマパークのような場所で行われるようになるという。

映画やメディアなどエンターテイメントを通じ、過去・現在、リアル・ヴァーチャルを含め、
殺人・人間の残虐行為などの「死」を絶え間なく見続けてきた結果、人類は見世物としての「死」を受け入れやすくなる。

ライト氏の論文は、2200年における観光業の潜在的な関わりを明らかにした「未来のシナリオ」と言えるかもしれない。

ライト氏の持論は極端に思えるかもしれないが、
奴隷制度によって支えられていた文明も確かに存在し、
また、公開処刑は一般市民の不平不満への捌け口となるガス抜き的エンターテイメントであったのも事実だ。

しかし、現在の世の中は「人権尊重」を謳っているので、そんな未来にならないことを信じたい…。


スポンサーリンク