pareto-principle-693315_960_720

この世は78対22で成り立っていると言う「78対22の法則」が

ユダヤの法則の中にあるのをご存知だろうか・・・
実は本当にたくさんの驚くべき事例が存在しているのです。

 

■水分78%、その他22%で人の体は構成されている。

 

■円に外接する正方形の面積を100とすると、円の面積は78、残りは22になる。

 

■空気は、窒素約78%、その他の気体約22%で構成されている。
■金を貸したい人と借りたい人の比は78対22である。
銀行は、集めた預金を貸し出すことによって利益を得る。預けた人と借りたい人の比が78対22であるので銀行は利益を得ることができる。

 

■売上げ100万円を100人で作ったとき、78万円の売上げを22人があげている。

 

■コカコーラのビンは、縦78:横22の比率である。

 

■肺呼吸と皮膚呼吸は78:22で行われている。

 

■腸内の細菌は、善玉菌78%、悪玉菌22%の割合が理想である。

 

■足の裏に掛かる体重の負荷は78:22である。


スポンサードリンク


■皮膚から出る水分(汗)と、呼吸で出る水分の比も78:22である。

 

■地球の表面積は海78%、陸地22%である。

 

■体のバランスが崩れると、病気というサインを出して78:22の割合に治そうとする。

 

■食事を穀物78%、タンパク質22%の割合になるよう心がければ、自浄作用で自然に戻ろうとする。

 

■一般人と金持ちとの比率は78:22。

 

■マクドナルドのコーヒー0円やハンバーガー100円などの手法は、初代藤田社長がユダヤ商人から授けられた「78対22の法則」を応用しているらしい。

 

■斎藤一人さん曰く、人間は78点が満点で残り22点は改善に必要なスペース。 だから完璧主義者は必ず失敗する。


スポンサーリンク